HOME>イチオシ情報>知育玩具でたくさん遊ばせてあげることは将来の成長につながる

知育玩具選びに大切なこと

簡単すぎても難しすぎても子どもが飽きてしまうのが知育玩具の難しいところです。可能なら店頭で選び、興味を持ったものを渡してあげましょう。

知育玩具の種類

  • ぶら下がって不定期に動くメリー
  • 当たっただけでも音の出るガラガラ
  • 投げられる軽くて柔らかいボール
  • つかまり立ちも助けてくれる押し車
  • 思ったものを自由に作れる積み木
  • 何度でも書き直せるホワイトボード
  • 親子で一緒に声に出して読みたい絵本
  • 折るだけの制約の中で遊べる折り紙
  • 思考力が身に着く勝ち負けのあるボードゲーム
  • 数字の概念や算数の素養を育むおはじき

成長を促すアイテム

赤ちゃん

子どもの頃から知育玩具を使っておくと良い、と言われています。最近では専門店もあるので様々な種類のものをチェックすることができます。知育玩具を使うことによって、手先の器用さも育てることができると言われていますし、頭を使って遊ぶという習慣を身に付けることができるので、メリットは大きいです。リーズナブルな価格で販売されているものもあるので、チェックをしてみるとよいでしょう。高額なものでなければいけないということはありません。価格帯から選択をして、その上で長く使うことができそうであれば、レベルアップをさせるということも検討できます。どういうものが好ましいのか分からない場合には、人気ランキングを参考にするとよいです。

安全なものを購入

赤ちゃん

知育玩具は基本的に安全に作られています。小さい子どもでも安全に遊ぶことができるような工夫がされているので、不安に感じることはないでしょう。色々なタイプがあるからこそ、子どもに見合ったものをチェックすることができます。

対象年齢のチェック

その他

知育玩具の対象年齢は幅広いです。生後数か月から利用をすることができるタイプのものもあるので、積極的に導入をしてみるとよいでしょう。慣れておくということも重要なポイントになってくることがあるので、誕生祝に贈るということもあります。

広告募集中